旅行の思い出を美しい写真に残しましょう!

写真は最高の旅の記録

きれいな景色、美味しい食事、落ち着いた雰囲気の旅館など旅行には楽しいイベントがたくさんあります。せっかくならその思い出を、記録として写真に残したいという方も多いのではないでしょうか。最近では多くの方がスマホを持っており、カメラが趣味という方でなくても簡単にきれいな写真が撮影できます。 しかし、いざ旅先で撮った写真を後で見てみると、「なんだか自分の思っていたイメージと違う」と感じる平凡な写真になってしまうことがありませんか?そんなときに誰でも使える簡単なテクニックがあります。カメラや写真に詳しくない人、難しいことはよくわからないという人でも、少し工夫するだけで簡単に写真の印象を変えることができます。

少しの工夫でいつもと違う写真が撮れる

まず風景を撮影する場合ですが、広大な自然や大きな建造物全体を1枚の写真に収めようとすることがあります。もちろんその写真も素晴らしいのですが、どこか味気ない写真になってしまいます。欲張りすぎず、対象の一部だけを切り取った写真にすると、イメージが広がる迫力のある写真になります。 次に人物を撮影する場合は、光の当たり方に注意することがポイントです。逆光だと顔が暗くなってしまうからよくないという意見は昔からありますが、最近はスマホでも明るさを自動で補正し、逆光でも顔をきれいに写してくれる機能があります。もちろん順光のほうが明るく写りますが、被写体からすれば光がまぶしいので目が細くなりがちです。そのため順光よりも逆光のほうがきれいに写ることもあります。 いろんな視点で写真を撮ってみると旅がさらに楽しくなると思うので、ぜひ試してみてください。